恒河沙とか那由多など天文学的数字が登場するゲーム:魔王「世界の半分あげるっていっちゃった」

2020/02/09 23:22
いつの頃か忘れましたがスマホ操作中に何かの広告から何気にダウンロードしたゲーム『魔王「世界の半分あげるっていっちゃった」』。名前からしてユルいゲームです。
獲得できるゴールドが指数的に増加するために、ゴールドをはじめとした全てのパラメータが天文学的な数値に到達します。
恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由多(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)?
まさか、生きている間に遭遇する単位だったとは・・・

数字とかが昔から好きでした。

小学生の頃、数の単位を一、十、百、千、万、億、兆、京・・・さらには意味も知らずに恒河沙などと一生懸命に覚えて、人前で得意げに諳んじていました。

幼い頭でも「恒河沙」なんていう数字を使う機会に巡り会うことは生涯無いだろうと思っていました。

しかし、なんとスマホゲームで遭遇したのです。

滅茶苦茶な世界観のゲーム

『魔王「世界の半分あげるっていっちゃった」』という名前からして予想できましたが、滅茶苦茶な世界観と価値設定のゲームです。

魔王が勇者に「世界の半分をあげる」といって懐柔するところからゲームが始まり、なかなか世界をくれないので取り立てに魔王城を攻め立てるというゲーム。

定期的にバブリーなゴールドがプレゼント

ゲームを進めていくと、6分半ごとに「魔王の使い」が来て、現時点に保有しているキャラクターをレベルアップするのに、最も経費を要する額の10倍以上のゴールドをくれます。ただし、おきまりのビデオ宣伝を見ることが条件ですが(途中でやめてもゴールドはもらえます)。

もらったゴールドで新しいキャラを導入して、残ったゴールドで呪文のレベルアップ、勇者のレベルアップ、さらにこのゲームのハチャメチャな設定の「勇者のクローン」を購入することになります(お金が全ての世界で、お金が無造作に供給されます)。

しばらくやっていると、経験したことの無いお金の単位に遭遇することになります。

ゲーム内課金システムはあるのですが、まぁ普通に遊ぶなら全く不要です。ゴールド支給の広告出現を期待する感がありますので、このゲームは広告収入で成り立っているのでしょう。

登場する数の単位

幼少の頃に自慢げに覚えた数の単位が連綿と登場します。

資産の有効活用を考えてか「恒河沙」以降は一文字ずつばらして単位にしています。

不可思議の段階で、新しいキャラ登場が打ち止めになり、レベルアップゴールドの上昇が途端に緩徐に。ここからが正念場ですね。

あれ?知らない単位が登場「天」「鐚」・・・

不可思議の後、しつこくしつこく魔王の使いと面談して報酬をアップしました。ついに、不可思議を突破。

無量大数と思ってましたが、
」、「」(びた)(音読みなら「あ」)、さらには「」(はん)、「」(い)、「」(えい)なるものが登場しました。

  • 「鐚」は「鐚一文(びたいちもん)」の鐚。質の悪い貨幣を意味します。
  • 「攀」は初めて見る漢字です。大辞林によると「よじる、よじ登る」という意味らしい。
  • 「彝」これも大辞林のお世話になり、〔もと中国で、常に宗廟そうびように供えておく器の意から〕人の常に行うべき道。常道。常法。
    勉強になるなぁ。
  • 「營」は営の旧字体。なんか、意味あるのかなぁ。

でも、知らないだけで、もしかしたらこのような数の単位もあるのかもね。

さて、この先は何が登場するかな?
すでに、ゲームクリアよりも新しい単位登場に期待を寄せています。
新しい単位が出たら更新します。

登場した数の単位
単位 読み方 ゲームでの単位 指数 備考
いち   10 0  
じゅう   10 1  
ひゃく   10 2  
せん   10 3  
まん 10 4  
おく 10 8  
ちょう 10 12  
けい 10 16 日常で使う上限かな?
がい 10 20  
                       じょ 10 24  
じょう 10 28  
こう 10 32  
かん 10 36  
せい 10 40  
さい 10 44  
ごく 10 48  
恒河沙 こうがしゃ 10 52 ガンジス川 の砂の数
ゲームでは一文字ずつ単位になっている。
   
10 56
   
10 60
阿僧祇 あそうぎ 10 64 数えられないこと。
ゲームでは一文字ずつ単位になっている。
    10 68
    10 72
那由多 なゆた 10 76 きわめて大きな数量の意味
同上
    10 80
    10 84
不可思議 ふかしぎ 10 88 常識では理解できない不思議なこと。
同上
    10 92
    10 96
    10 100
無量大数 むりょうたいすう 10104 突然「天」だって
  10108

「びた」って読むの?

    10112 「はん」よじ登るの意。
    10116 「い」人の常に行うべき道
    10120 「えい」営の旧字体

クリアできない・・・

このゲーム、ソールリバース(転生)という、持ち物以外の全てをリセットして基礎攻撃力を10%上昇させるシステムがあります。
何日も掛けて育ててきたキャラを全てご破算にするという苦渋の選択を強いるものです。
私は71回転生を行いました。

それとダイヤを使ってのクラスアップというキャラの惹起(ダイヤ:転生でまとめてもらえ、毎日のインやイベントで獲得)。
クラスアップの数に応じてもらえるボーナスがあります。
ついにクラスアップを100回達成し、全てのボーナスを獲得しました。

するとどうでしょうか。

20回目と60回目のクラスアップでボーナスされる300%と700%の攻撃力補正が適応され、2万1千%の攻撃力補正。どういう計算なんだか?

71回ソールリバースの250倍以上のパワーです。

なんかなぁ・・・・

攻撃力10營到達記念に本末突入しました。これだけ強くなっているのに、300段ある最終の城「必殺と飛行船の城」を137段しか攻略できません。
勇者数、召喚、呪文、キャラのレベルアップを最大限まで引き上げているのに・・・
なにかボーナスとか見落としているのかなぁ。

まぁ、本来目的がバブリーな数の単位の経験だから個人的には良いのですが、なんか釈然としません。

クリアした人いたら教えて下さい。

 

ご意見を下さい(ニックネーム可、メルアドは公開されません)

ロードディング中